2017年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 1級神2種非限定φ ★ 2017/04/05(水) 07:15:34.53
    モンスターストライク(ミクシィ)、パズル&ドラゴンズ(ガンホー・オンライン・エンターテイメント)、ディズニーツムツム(LINE)――。

    現在、日本のスマホゲームで売り上げ金額の大きい上位3アプリ(iOS・アップストアのランキング)がこれだ。
    これらのゲームを遊んでいなくとも、テレビCMなどで名前を聞いたことがある人も多いだろう。

    では、その次の4位に来る「Fate/Grand Order」(フェイト・グランドオーダー、以下FGO)をご存じだろうか。

    FGOはいわゆるアクションロールプレイングゲーム。「人類の決定的な絶滅を防ぐために設立された特務機関・カルデアに属する主人公が、英霊を操り、謎を解明していく」というストーリーだ。2015年のリリース以降、一貫してスマホゲームの売り上げランキング上位を維持している。


    ■ソニーの収益に大きく貢献
    このゲームの大ヒットで笑いが止まらないのが、ゲームを制作したアニプレックスを子会社に持つソニーだ。
    アニプレックスはソニーミュージックエンタテイメント傘下で、アニメやゲーム制作を手掛ける。2月の決算発表会見ではFGOについて「大きな収益貢献を果たしている」と
    吉田憲一郎CFO(最高財務責任者)が大まじめに紹介した。

    これまで表舞台にはあまり出てこなかったが、ソニーの中でアニメ事業を担うグループ企業は多い。
    アニプレックスに加えて、A-1ピクチャーズ、アニメ番組専門の有料チャンネルを運営するアニマックス、アニメ映画を制作するソニーピクチャーズアニメーションなどが音楽や映画といった
    事業セグメントをまたぎ、点在している。

    中でも、冒頭のFGOの制作に携わったアニプレックスの存在感は大きい。ほかにも「銀魂」「NARUTO」「3月のライオン」といった有名アニメタイトルを多く抱え、
    ソニーの音楽事業の売上高の2割弱を稼ぐ。


    全文はソース元で
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170404-00166107-toyo-bus_all

    【ソニーが「アニメ事業」に全力を上げるワケ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 海江田三郎 ★ 2017/04/01(土) 15:35:15.94
    http://news.mynavi.jp/news/2017/03/30/133/

    fossBytesに3月28日(米国時間)に掲載された記事「Which Are The Most Loved and Most Hated Programming Languages|2017」が、
    Stack Overflow Developer Survey 2017の調査結果を引き合いに出し、開発者に愛されているプログラミング言語と嫌われている
    プログラミング言語のトップ25を伝えた。愛されているプログラミング言語1位はRustで、これにSmalltalkとTypescript、Swift、Goが続いている。

    嫌われているプログラミング言語トップ25は次のとおり。

    Visual Basic 6
    VBA
    CoffeeScript
    VB.NET
    Matlab
    Objective-C
    Assembly
    Perl
    Lua
    Hack
    Groovy
    Common Lisp
    Dart
    Erland
    PHP
    C
    Ruby
    R
    Java
    Julia
    C++
    SQL
    Haskell
    F#
    JavaScript

    嫌われているリストは、開発者が利用中のプログラミング言語について、今後も使い続けたいと思うかどうかの
    割合が低いもを上から並べたものとなっている。

    【【IT】開発者に嫌われているプログラミング言語トップ25】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 1級神2種非限定φ ★ 2017/04/05(水) 07:29:06.67
    普通自動車運転免許の教習で乗ったクルマは何でしょうか。15年ほど前に運転免許を取得した記者の場合、
    タクシーなどでよく見かけるトヨタ「コンフォート」や日産「クルー」だったと記憶しています。

    ところが近年に取得した人と話をしていると、多くの人がマツダ「アクセラ」だったといいます。
    その「アクセラ」を普通車の教習車として導入している東京都葛飾区の平和橋自動車教習所に話を聞きました。


    ――「アクセラ」を採用している理由はなんですか?

    昔はマツダ以外の教習車を使っていたのですが、ある教習所が閉鎖されるにあたり、その教習所で導入したばかりだった「アクセラ」を一部引き取ったのがきっかけです。
    特に悪いところはなく、生徒からも「かっこいい」と好評なこと、そしてコストパフォーマンスがよいことから、その後、ほかの教習車を更新するにあたっても「アクセラ」を導入しました。

    同教習所によると、「教習車モデル」が設定されている車種は限られていて、それ以外のクルマを教習車にする場合は改造が必要な場合もありコストが高くなるとのこと。
    「アクセラ」は、教習車モデル設定車のなかでも特にコストパフォーマンスがよく、「導入する教習所が増えたのは当然の流れ」だと話します。


    実際に「アクセラ」は教習車としてどれほどのシェアがあり、どういう特徴があるのでしょうか。マツダに聞きました。


    ――「アクセラ」の教習車としてのシェアはどれくらいですか?

    「マツダ調べ」ではありますが、直近では30パーセント台のシェアです。


    全文はソース元で
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170402-00010000-norimono-bus_all
    no title

    【教習車、なぜ「アクセラ」ばかり? 背後にあるマツダの狙いとは】の続きを読む

    このページのトップヘ