このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/03/21(火) 19:22:57.75
    太陽光だけで二酸化炭素をエネルギー資源に変換する新たな分子が誕生 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

    <米インディアナ大学ブルーミントン校の研究チームは、光や電気を使って二酸化炭素から燃料を生成する分子を新たに開発したことを明らかにした>

    光合成とは、太陽光などの光エネルギーを使って、水と二酸化炭素から炭水化物を合成する生化学反応のこと。自然界では、植物や植物プランクトン、藻類など、
    光合成色素を有する生物が、光合成によって、必要な養分をつくりだしているが、近年、この仕組みを模倣し、人為的に光合成させる人工光合成の研究開発がすすめられている。

    米インディアナ大学ブルーミントン校の研究チームは、2017年3月、学術雑誌「米国化学会誌(JACS)」で、光や電気を使って二酸化炭素から燃料を生成する分子を新たに開発したことを明らかにした。

    →【参考記事】光合成する電池で温暖化をストップ
    →【参考記事】人工の葉っぱとバクテリアで、太陽光から液体燃料を生み出す技術

    この分子は、鉛筆の芯として広く用いられているグラファイト(黒鉛)をナノメートルサイズにしたナノグラフェンに、レアメタル(希少金属)のひとつであるレニウムを結合させたもの。
    ナノグラフェンが太陽光からエネルギーを吸収し、レニウム原子に電子を流し込むと、レニウム原子がこれらの電子を使って二酸化炭素を一酸化炭素に還元する。

    つまり、ナノグラフェンが"エネルギー捕集体"として機能し、レニウムが一酸化炭素を生成する"エンジン"の役割を担っているわけだ。
    一酸化炭素は、自動車用燃料に利用可能な合成ガスに変えることで、エネルギー資源として活用できる。

    太陽光を使って二酸化炭素を一酸化炭素に還元する手法はこれまでも研究されてきたが、二酸化炭素の還元に利用できる太陽光は、紫外線領域のごく一部の波長に限られていた。
    これに対して、ナノグラフェンは、最大600ナノメートルの波長まで光を吸収することができるのが利点。
    二酸化炭素から一酸化炭素への還元において、太陽光エネルギーをより有効に利用できる。

    研究チームでは、今後の課題として、この分子の強度と耐久性を向上させるとともに、希少なレニウムに代わる素材の必要性を挙げている。マンガンなど、より安価で一般的な素材に代替されることが望ましい。

    太陽光だけで二酸化炭素をエネルギー資源として再生できるこの分子は、温暖化ガス排出量の削減とエネルギー資源の確保という一挙両得を実現する技術として大いに期待できそうだ。
    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/03/post-7212_1.php

    【太陽光だけで二酸化炭素をエネルギー資源に変換する新たな分子が誕生】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ナガタロックII(三重県) 2017/04/09(日) 16:34:23.16
    民俗学者で「妖怪談義」や「遠野物語」などを著した柳田国男(1875~1962)の出身地
    で、妖怪による町おこしに力を入れる兵庫県福崎町が、カッパにちなんだレトルト食品
    「かっぱカレー」を開発した。8日に同町西田原の辻川山公園周辺で開かれた桜やグルメ
    などを楽しむ「民俗辻広場まつり」で販売された。

     柳田の著書「故郷七十年」には「子供のころに、市川で泳いでいると(河童〈かっぱ〉に)
    お尻をぬかれるという話がよくあった」と記されている。カッパの好物と言われる「尻子玉
    (しりこだま)」(人間の肛門〈こうもん〉内にあると想像された玉)に見立てたウズラの卵4
    個をカレーに入れた。

     試食を重ね、牛ひき肉入りの中辛のキーマカレー風に仕上げ、パッケージにはリアル
    なカッパを描いた。1箱(200グラム)税込み570円で、町観光協会は町役場やネット
    通販などで3日から販売している。

     この日はカッパのキャラクター「ガジロウ」がカレーの販売テントに立ってPR。その後、
    まつりの会場を歩き回ったが、「怖い」「嫌だ」と泣き出したり、逃げたりする子どもが相次いだ。

    http://www.asahi.com/articles/ASK483FSWK48PIHB003.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    【町おこしイベントのPRキャラクターが怖すぎて阿鼻叫喚】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: リバースネックブリーカー(東京都) 2017/04/07(金) 16:04:59.12
     1990年代から、高い経済成長を続ける中国で一旗揚げようと、国際貿易の拠点でもある巨大都市広州に渡るアフリカ人が増え始めた。
    ビジネスを始めた彼らは独自のコミュニティを作り中国に根を張るが、近年多くが非合法に滞在していると見られており、中国政府が厳しい取り締まりを行っている。
    また、市民からの差別や嫌がらせなども後を絶たないと報じられている。

    ◆強い中国とアフリカの関係が呼んだ移民
     サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙(SCMP)によれば、広州に住むアフリカ人は、
    中国とアフリカ諸国の関係を築くため2000年に始まった中国・アフリカ協力フォーラムなどがきっかけで移住してきた人々で、合法なビジネスマンだとしている。
    しかし、実際には多くの不法移民が滞在しており、その数は20万人と主張する人も中国国内にはいるという。
    広州市は、これまでその数を公表したことはない。

     デジタルニュース誌『Worldcrunch』が掲載した仏フィガロ紙の英訳記事は、
    広州のアフリカ人永住者は1万人から1万5000人、非合法で滞在する者は5万人近くだとしている。
    ウェブ誌『クオーツ』は、居住者全体で2万人から10万人ぐらいではないかと見ている。

    ◆景気低迷と厳しい政策で状況一変
     多くのアフリカ人が「アメリカンドリーム」ならぬ「チャイニーズ・ドリーム」を追って広州を目指すが、
    中国の経済成長の鈍化と、厳しい移民政策により、帰国するアフリカ人が増えつつあるという。
    工場やレストランを経営したり、安価な中国製品を母国へ輸出したりして成功した人々もいるが、
    近年は物価の上昇で利益も減少し、中国人との競争も激化しているという。
    また、2010年頃から景気の低迷に伴い、ビザも出にくくなっている。
    それでも成功を夢見て広州に来る若者もいるが、仕事を探すのは容易ではなく、数週間から数ヶ月で、アフリカに戻る者も少なくないという(フィガロ紙)。




    中国最大のアフリカ人街で移民排斥広がる 成功夢見て中国に渡る人々と恐れる現地民
    http://newsphere.jp/world-report/20170406-3/
    the-chinese-national-flag-1724256_640

    【中国最大のアフリカ人街で移民排斥広がる。成功を夢見て中国に渡るアフリカ人と恐れる現地民】の続きを読む

    このページのトップヘ